経営の視える化を実現する東京・名古屋のシステムコンサルティング会社 - アフォード・ビジネス・コンサルティング
HOME会社情報事業概要導入事例お問合せ

 Microsoft Visioでの業務フローチャート作成


 1.部門連係フローチャートに設定


Microsoft Visioを起動したら、テンプレートの中から「フローチャート」−「部門連係フローチャート」を選択します。 業務フローチャートを書くには、これが一番使いやすいと思います。

Microsoft Visioを起動し、「部門連係フローチャート」を選択。

 2.フローチャートの書式を設定


次に、以下のようなダイアログが出てきますので、下記の説明を読み、目的に沿った設定を行ってください。

部門バンドの方向とバンドの数を設定します。

☆部門バンドの方向
「横方向を」推奨します。(横にするとプロセスが強調され、縦にすると部門単位が強調されます。
作業は煩雑になりますが、後からの変更も可能です。)

☆バンドの数
これから作成する業務に関係すると思われる部門数を設定してください。
途中での追加・削除が可能です。

 3.設定完了


これで、設定完了です。

画面左側にある「図形」(処理や判断、書類などを示す記号)と、 それをつなぐ「コネクタ」(≒矢印)を使って、フローチャートを作成していきましょう。

画面左側にある「図形」とそれをつなぐ「コネクタ」を使って、フローチャートを作成していきます。

☆Visioの利用方法の詳細についてはマイクロソフトのサイトをご参照ください。
Microsoft office online 部門連係フローチャート のページへ


←「業務フローチャートの書き方 3.業務フローチャートの起票」に戻る