経営の視える化を実現する東京・名古屋のシステムコンサルティング会社 - アフォード・ビジネス・コンサルティング
HOME会社情報事業概要導入事例お問合せ

RFP作成コンサルティング


膨らみ過ぎた自社開発システムをパッケージを利用して再構築
 業界中堅メーカーのお客様

基幹業務システム再構築にあたり、開発業者に対して提示すべき要求内容(RFP)をまとめるお手伝いをさせていただきました。

1.プロジェクトスタートまで


Notesで作り上げられた自社開発システム

このお客様は、ほぼすべての仕訳作成をNotesから行っており、直接仕訳を作成する機能以外に、 下記のような機能まで備えておりました。
  • 業者から届く多種多様なデータ(ガソリン代や通信費、カードの利用明細など)を仕訳に変換
  • 経費精算とその承認といったワークフロー的な機能
  • 予算管理(予算額を超えていると仕訳を登録できないetc)

これから分かるように、この自社開発システムは、非常に便利かつ精巧に、そして、 自社の業務にフィットした形に作り上げられていました。




膨らみ過ぎた自社開発システムにメスを入れるときが来た

しかし、最近は、自社で使いやすいようにと手をかけて行ってきたカスタマイズに次ぐカスタマイズが、 少しずつ下記のような弊害や懸念を来すようになってきていたそうです。
  1. システムの拡張やバグ対応にかなりのコストがかかっている
  2. 取引のある上場企業からの内部統制に関する要請に応えきれないのではないかという不安
    (例えば、システムとシステムの間に、手作業の工程があること等)
  3. 複数のデータベースを串刺しにしてデータを取り出すことができないために、 経営層が欲する管理資料を作成することができない、または作成に非常に手間がかかる


このような問題点と「管理業務を効率化したい」という思いとが重なり、自作のNotesシステムから、 一般的な業務フローに沿った(パッケージソフトを生かしながらの)基幹システム再構築へと乗り出すことになりました。




 導入事例集TOP   プロジェクトと成果物