経営の視える化を実現する東京・名古屋のシステムコンサルティング会社 - アフォード・ビジネス・コンサルティング
HOME会社情報事業概要導入事例お問合せ

導入事例

店舗別業績管理資料を今よりももっと楽に作成したい


 多店舗展開しているお客様

すべて手作業で行っていた業績管理資料の作成工程を一部自動化することにより、作成期間短縮と作業工数の削減を実現できました。



1.導入経緯

店舗数の増加により、手作業で管理資料を作成していては間に合わない



これまで、月次で独自フォームによる店舗別業績管理資料(部門別損益計算書)を作成していましたが、店舗数の増加により、手作業(汎用データ出力と手入力)での作成が限界に達し、早急なシステム化が必要となりました。



2.システム概要



独自フォーム(Excel)から直接、勘定奉行の残高ファイルを参照できるDLLを作成し、マクロにより必要な残高の取込みと別シートからの追加情報が、自動でセットされる仕組みを作成しました。

また、同じDLLを使用する事で、全社の貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書についても独自フォームによる作表が可能になりました。



注) 上記内容は、導入当時の事実に基づいておりますので、パッケージソフトの機能等は現在のものと異なる可能性があります。



導入事例集TOP

イメージで理解する!損益分岐点
業務フローの書き方
業務フローから改善すべき業務を見つけ出す